雨樋工事

雨樋について

雨樋について

雨の通り道を作る大切な箇所です

住宅の外装の主役はやはり屋根及び外壁ですが、外観スタイルを決める際に重要なポイントになるのが雨樋です。また、機能としても大切な役割を果たしています。
雨を受け止め、通り道をつくり、地面に返す大事な役割を担っています。
長年の使用で雨樋の劣化、破損などの場合は部分的に取替え、もしくは架け替えが必要になります。
神正板金は、雨樋の点検をはじめ、お客様の建物の形状・立地条件にあった最適の材質・工法をご提案いたします。

樋のトラブルについて

樋のトラブル

雨漏りする前に小まめな点検が大切です

長年使った樋は、アンコー(集水器)と呼ばれる部分に穴があくことがあります。
水の落下する力は石にも穴をあけるほど凄いものです。
ここまでになりますとアンコー(集水器)の取替えが必要になります。
屋根の雪が落下して樋が破損することがあります。
雨樋を修理した後に屋根に雪止め金具の取り付けをお勧めします。
落ち葉が雨樋につまり、雨水の流れを止めています。雨樋の掃除が必要です。
多少の費用がかかりますが落ち葉よけネットを張ることにより軒樋に落ち葉が溜まるなどのトラブルを防げます。
屋根の面積に比べて軒樋の大きさ、竪樋の大きさ、それに集水器(樋の落とし口)の数が少ないため雨水が樋の外に流れ出しています。 集水器の増設や、軒樋と竪樋をもっと排水量の大きな雨樋に変える必要があります。

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせ下さい。

雨漏り・お急ぎでのご連絡は直通:090-4254-9579までお願いします。

添付ファイルを送信されたい方はこちらから